真っ直ぐで、繊細。

CUSEで取り扱っている商品は全て、常滑焼の急須作家「村田益規(むらたよしき)」先生の作品です。
村田益規先生が得意とされる、朱泥を使用した窯変・表面のタタキ・藻掛けが施された急須は、常滑焼の中でも髄を抜く繊細さを持っているのが特徴です。当店のためだけに作られた特注品ばかりのため、全てが一点物。お気に入りの一品を見つけたらお早めにお問い合わせください。

やまと陶苑オリジナルの
茶器裏のサイン。
当店オリジナルの証として
cuseの焼印が入ります

村田 益規 (むらたよしき)

1965年
伊藤陶二氏に弟子入り 号「小陶二」
1969年
常滑高等学校定時制卒業
1973年
陶房を構え独立
1978年
現代煎茶具展 出展10回
1979年
号「小陶二」から「益規」に改名
1987年
日本煎茶工芸展 入選4回
長三賞陶芸展 入選
長三賞陶業展 入選
1996年
備前焼窯元にて作陶

Page top