古来から受継がれる、再生の美。

金継ぎは、陶磁器の割れや破れなどを漆で修復した後、その上から金で装飾する、
日本独自の修繕技法のことです。金継ぎは昔から縁起物として「一度ついたら離れない」という理由から嫁入り道具にはかかせないご祝儀道具となっていました。
また金継ぎは、元あった形に修繕するだけでなく、修繕前よりも価値を高めるものでもあります。西洋にも修繕技術は存在しますが、それは元あった形に「戻す」手法であるのが特徴です。反して日本の金継ぎは、敢えて損傷箇所に金を乗せ、「新たな美の一面」を魅せてくれる再生の技術なのです。修繕の担い手が不足している現在、大変貴重で守っていくべき技術であることは間違いありません。

修繕事例

修繕事例
Before
After
修繕事例
Before
After
修繕事例
Before
After

費用・日数について

金継ぎの費用と修繕にかかる日数については、お客様がお持ちの器の状態によるため一度、弊社までお問い合わせ下さい。
その上でお見積りをさせていただきます。

Page top