急須

窯変叩き磨浅丸広口急須

この商品について問い合わせる
SOLD OUT

作品について

急須は年月をかけて育てる道具です。

 

朱泥の急須を細かくガラス 棒のような物で細かく叩き窯の中で窯変を描け、最後に磨きあげて仕上げる一手間かけた急須です。
平たく口を大きくとったデザインで、急須の中の茶葉の状態が良く見え、内側のお手入れも楽に行えます。

 

※この商品は全て1点物となっております。

 

◆常滑焼の急須について
湯切れの良さと使いやすさで定評のある常滑焼は、日本六古窯(ろっこよう)として古くから発展してきたものであり、最近ではまねきねこや盆栽鉢の生産日本一を誇る愛知県常滑市を中心に、知多半島で造られています。

代表的なものは、鉄分を多く含む土を、釉薬(ゆうやく)をかけずに堅く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須。
日常使いに向いているシンプルなデザインで、使い込んでいくうちに、艶が出て美しい表面に育っていきます。細い口から、ゆっくりと注がれるお茶のキレの見事さと、コクのある甘い香りととろみを楽しめる深蒸しが出来るので、お茶を美味しく飲むための道具として手に入れたい一品です。
また、見た目よりも容量が入るため、小さめかなと思うものを選ぶのがポイントです。
◆急須のお手入れの仕方
急須の内側は使いこんでいくうちに、お茶の旨み成分であるグルタミン酸が付着してきます。時間がたつほどに、使いこめば使いこむほど、美味しいお茶を楽しめるようになるので、決して洗剤で洗ったりしないでください。
茶渋や表面の汚れがどうしても気になるという場合は、粗塩をつけた手で磨き、その後に水で洗うようにすれば、きれいになります。

 

商品概要

商品名
窯変叩き磨浅丸広口急須 [商品番号:ten10]
作家
村田益規
サイズ
普通の煎茶碗で約2杯|約250cc
取手タイプ
横手
蓋タイプ
広口乗せ蓋
茶こしタイプ
産地
常滑焼(愛知県常滑市)
価格
SOLD OUT
  • この商品について問い合わせる

SOLD OUT

Page top