一区

ソウルのセブンラックカジノで、、、

勝てるスロットセブンラックカジノ – 34538

韓国のソウル などに行ったら一度は訪れてみたいカジノ。入場料からだいたいの予算まで、いくら用意すればいいのかを知っておくことで、使いすぎずお金が足りない、という事態を避けれます。

訪れた時期は、2月の後半・・・。韓国の冬

突如生じた4連休で韓国(ソウル)にカジノをしに行くことにしたハヤシ。 まず訪れたのは仁川空港のすぐ近くにあるパラダイスシティカジノ。 大小でいきなり5万ウォンを獲得するという幸先の良いスタートを切った。 だが、喜びも束の間。 つぎに着いたブラックジャックの台では連敗に次ぐ連敗。 あれよあれよという間に大小で勝った5万ウォンを溶かしてしまった。 ハヤシは「覚えてろよ」と捨て台詞を残し、次なるカジノに向かった。 次の目的地は、セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン店。 ソウル駅の近くにあるカジノである。 このカジノはパラダイスシティカジノとは別系列であり、同系列のカジノはソウル市内にはもう一つ、江南(コエックス)にある。 列車に揺られること40分ほど、ソウル駅に到着した。 8番出口から出て、緩い上り坂を5分ほど歩くと怪しく煌めくネオンが視界に入ってきた。 どうやらセブンラックカジノに到着したみたいだ。 吸い込まれるように、建物の中に入った。 パラダイスシティカジノの時と同じようにここでも受付で新規会員登録を済ませた。 空港でわいくんが取ってきてくれたクーポンを見せて2万ウォンのベッティングクーポンと1万ウォン分のスロットで使えるクーポンを貰った。 パラダイスシティカジノは7万ウォン分のベッティングクーポンをくれたのに。

【スロットマシン】~1Gわずか88円! 550万円が当たるドリームスロット~ 上カラ水瀬 #147《水瀬美香》《くり》《つる子》《二星しょうた》[必勝本WEB-TV]

韓国のセブンラックカジノはこんな所

今回、韓国を訪問したのは、2月末・・・。福島、新潟と同じ緯度にある韓国は、冬まっただ中という感じの気温でした・・・。 しかも、この1泊2日の期間は「雪」。 出典: とても量の多い韓国料理-韓国の食事-みんなが知りたい韓国文化。 回転扉を入って右に曲がると、下の画像の様なセキュリティーエリアがあり、パスポートを見せて、入場のチェックを受けます。 セブンラックカジノは、韓国人は入れない決まりになっている、旅行者と在韓外国人専用のランドカジノなんです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。