一般化

日本のカジノ有力候補地はココ!各都道府県のIR誘致状況まとめ【2020年6月最新版】

総まとめマリーナシティカジノ – 60305

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

このブログにコメントするには ログイン が必要です。 さん ログアウト。 弁護士・金原徹雄のブログ 憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します。 カテゴリ: 社会 声明。 巻末のリンク集をご覧いただければ分かるとおり、昨年12月から今年の4月にかけて、カジノ関連の記事を5本書いてきましたが、2月の尾花正啓(おばな・まさひろ)和歌山市長、5月の仁坂吉伸和歌山県知事の記者会見での発言から明らかなとおり、県市がタッグを組んで、和歌山市の人口島(埋立地)である 和歌山マリーナシティ への外国人専用カジノ誘致に邁進しています。  そもそも、外国人専用ならなぜ良いのか?外国人専用でスタートしても、経済的に引き合わず、すぐに日本人利用可になるに決まっているではないかとか、誰もが気のつく疑問点だらけの方針が、「勝手に」決められて行政が暴走しているというのが和歌山の現状です。

日本のカジノ有力候補地5選!IR誘致に向けた各都市の動きを紹介

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。