IRカジノ

200万円を海外のカジノで大勝ちしたら、確定申告は必要?

勝った後の税ヴェネツィアカジノ – 53337

ラスベガスで課税される対象になるのは、キノ・スロットマシン・ビデオポーカーなどのゲームで、ジャックポット当選などによって 一撃でドルを超える金額 を手に入れた場合です。

カジノの稼ぎは「一時所得」と呼ばれる

多くの場合、一攫千金を手にするのは、スロットで遊んでいる方が多いようです。スロットは、50セント程度から賭ける事ができ、ジャックポットと言われる一番確率の低い絵柄が揃えば、 1000ドル〜1000万ドル以上の賞金を一発で獲得できる のです。 注意事項としまして、これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、 スロットマシンを遊んで1200ドル以上を儲けた場合のみ となります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が発生します。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1,200ドルと覚えておけば大丈夫です。 テーブルゲームやスロットは通常の配当でも、積み重ねれば、1,200ドル以上の勝利を手にする事はあります。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1,200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりません。それにスロットは、現金がそのまま出てくるので勝利金額の証拠がなく、分かりません。この様な 『遊びの習慣』 は管理できないため、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると思われます。 指示通り、従業員を呼ぶと、「おめでとうございます」と声をかけられた後で、 「個人用納税者番号(ITIN)」 を持っているか聞かれます。これを持っていれば納税場所は日本になるので、アメリカで税金を払う事はありません。 書類を作成してもらい、当たった金額をそのまま受け取れて 「ラッキー!」 なんて思ってはいけません。作成した課税免除の書類「S」は、ちゃんと日本の税務署に送られるので、忘れずに年末の確定申告時に一時所得として申告をしないと、当局から連絡が来ることになります。税金の延滞は凄い利子が付きますし、金額によっては即、実刑です。税金恐るべし・・・・。

ギャンブルで勝つならこの国で!

米国でギャンブルをして勝利した人は、税務書類に勝敗を記録し、勝利金の30%に課税されることは以前「 ラスベガスで得た勝利金に税金は? 」という記事で詳しくお伝えしましたね。 世界中のギャンブル税に関する法律は、すべて白黒はっきりしている訳ではありません。ギャンブルが職業となっている場合( プロギャンブラー )、またはギャンブルでの勝利金が主な収入源である場合は課税されることが多いようです。 オーストラリアでのギャンブルは遥か昔、最初の競馬公式会合がシドニーのハイドパークで行われた年に始まりました。そして年、最初の公式宝くじが発売。初の合法ポーカーマシンは年に導入され、今日、 ギャンブルはオーストラリアで人気の娯楽の1つ となっています。 オーストラリアでは オンラインカジノ 、ランドカジノにかかわらず、勝利金に税金は適用されません。ですがカジノのオペレーターは、ライセンス料と税金を支払わなければなりません。この税金は州の法律によって異なり、一部の州では売上高に対して、他の州では純利益に対して、もしくはプレイヤーの喪失額に基づいて課税されます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。