手順

【ラスベガス】得をする両替所、損をする両替所

送金手数料ソフィテルマカオアットポンテカジノ – 61363

マックスベット MAX BET )。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。 ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16 Sofitel Macau At Ponte 16 澳門十六浦索菲特。 印刷する項目を選択してください。 全て スポット詳細 基本情報 アルバム 地図。 こんにちは、香港ナビです。雨後のたけのこのごとく、どんどんオープンするマカオのホテル。今回ご紹介するのは、ポルトガル人が最初にマカオに降り立った場所と言われ、今でも古き良きマカオの街並みを色濃く残す下町に誕生した「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」です。「ポンテ16」はポルトガル語で「ピア16(16埠頭)」という意味。歴史あるこのエリアでは現在、古い街並みを生かしつつ、埠頭を中心にホテル、カジノ、エンターテイメント複合施設などを建設し、再開発を行う計画が進められています。ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16もこの計画の一環としてオープンしました。ソフィテルといえばフランスのホテル会社、アコーホテルズの最高級ブランド。ハード面だけではなく、ソフト面(サービス)においても、カジノを主体とした他の5つ星ホテルとは一線を画し、お客様が心からくつろげる本物のホスピタリティサービスを目指しています。それでは、ホテルに行ってみましょう! ホテルの外観はポルトガル様式の建物を現代風にアレンジ。年以上経た古い住宅が立ち並ぶこのエリアではひときわ目立つ存在です。金色をふんだんに使う中国スタイルの装飾と、大理石やガラス細工を使ったヨーロッパの現代風のデザインが上手く調和したホテルロビーは、波打ちながら長く伸びるレセプションを中心に、贅沢なスペースが取られています。ロビー内の照明器具、家具、絵画などすべて、派手過ぎず、シンプル過ぎず、ほどよく高級感があってとても上品なものばかり。ラスベガスや中国とは違う、フランスからやってきたホテルの誇りが垣間見られるロビーです。 ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16では、すべての客室のマットレスに、心地よい眠りを約束するオリジナルブランド『My Bed』を使用しています。見ているだけで眠くなりそうなベッド。ベッドスプレッドやクッションカバーはセンスの良さが感じられるモダンチャイニーズ。 ラグジュアリールーム(リバービュー)約37㎡ 客室内のサイズ、家具、アメニティ類はすべてスーペリアルームと同じです。バスルームも同じく、トイレ、シャワーブースが独立しているため広々としています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。