二区

桜花賞 2020 優勝予想

ランキングブックメーカー賞オッズ – 19159

ディラントーマスが優勝した年以来となる、12頭立てという少頭数の凱旋門賞となった。頭数が少なくなった要因は2つあり、1つは言うまでもなく エネイブル (牝5歳)という絶対的存在がいること。そして、凱旋門賞の前日に組まれた牝馬限定戦のロワイヤリュー賞が今年からG1に昇格し(昨年まではG2)、例えば今年の英オークス馬アナパーナのように、昨年までなら凱旋門賞に出走していた馬がロワイヤリュー賞に回ったことが、2つめの理由である。

小頭数もあり、枠順決定による大きなオッズの変動はなし

日本人プレイヤーなら誰しも、 日本語対応 ブックメーカー の方がおすすめで使い勝手がよく、気軽にスポーツベッティングを楽しむことができますよね?しかしながら、 ブックメーカーと聞くと、ビックネーム(大手)はほどんどの場合、公式サイトが英語のみに対応しており、日本語サポートも完備していないところが多いです。 しかし中にはあるんです! 「日本 ブックメーカー」 と呼べる 日本語に対応している評判の高いブックメーカー が!

1番人気は前走重賞勝ちのフィンシュ。日本のメールドグラースは2番人気

ヨーロッパから移籍後2戦目だった昨季のメルボルンカップ(G1・オーストラリア。芝メートル)で4着と健闘し、今季2戦目のキングストンタウンS(G3・オーストラリア。芝メートル)でオーストラリア重賞初制覇を飾った フィンシュ (せん5歳)が、54。 ヨーロッパからの移籍馬で、ここがオーストラリア初戦となる コンスタンティノープル (牡3歳)が3番手評価。2着となった前走グレートヴォルティジュールS(G2・イギリス。芝メートル)の勝ち馬ロジシャンは、その後、英セントレジャー(G1・イギリス。芝メートル)を快勝している。 ネット投票 ログイン。 お問い合わせ / FAQ。 競馬メニュー 競馬メニュー トップ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。