三区

働いているスーパーがキャッシュレス決済で5%ポイント還元の対象店舗だったということを知って驚いたこと

勝った後の税カード決済 – 61247

ポイント還元事業についてわかりやすく説明した「キャッシュレス使い方講座」のほか、 ムービーや資料をご紹介しております。

決済方法と支払いのタイミングで分類してみよう

実は先日、働いているスーパーに経済産業省からのPOPキッドが送られてきた。 なんじゃこりゃ?と思って接客の合間に読んでいて驚いた。 どうやら働いているスーパーはキャッシュレス決済で5%ポイント還元の対象店舗だったらしい。 が・そうではなかった。日本には中小企業が実に多い。めちゃくちゃ多い。 ネットで購入しているから関係ない?・・・いやいやとんでもない、ネットに店舗を出している、楽天とかアマゾンとかに出店しているお店のほとんどは中小企業だ。だから5%ポイント還元の対象店舗だった。 そもそも、消費税の軽減税率というのは消費税は10%になりますが、食品に関しては8%に据え置きますよ。というものだ。よくテイクアウトだとどうだとか、TVとかでやっているが、その辺の境の話は今回は関係ないのでそこは置いておこう。 この消費税の軽減税率に関しては私たちがどうこうできる問題ではない。テイクアウトにするかイートインにするかという問題だけなのだから。 要するに、食品は8%の消費税。それ以外は10%の消費税。かかる税金が違いますよ、というそれだけの話である。消費税なので国税庁の管轄だ。

開催中の注目企画はこちら

JavaScriptの設定方法は、 楽天市場ヘルプページ をご覧ください。 キャッシュレス化の推進を目的に、 経済産業省 が主体となって行う事業です。 消費税率引き上げ後の年10月から 9か月間 、対象ショップでのキャッシュレス決済によるお買い上げ 金額の5%が還元されます。詳しくはこちら( 経産省のwebサイト ) 経産省の予算の関係上、上記期間より早く終了する場合がございます。

勝った後の税カード決済 – 63157

アプリで使えるお店を探す

そのため、本来は一定金額を超えた収入があった場合には、確定申告をして税金を納めなければならないのです。 確定申告をしないでいると、税務署が行う税務調査によって「追徴課税」というペナルティが課される可能性があります。 一時所得の場合、総収入額(パチンコの勝ち分)から収入を得るために支出した金額(パチンコの負け分)を引いた 所得(儲け)が50万円以上になる場合に確定申告をする必要があります。 これは一時所得の特別控除が最高50万円のためで、逆にパチンコの儲けが50万円未満の場合は確定申告の必要がありません。 パチンコによる現金の獲得方法は、パチンコ玉を店内でカードに替えて、カードを店の外にある別の店舗で現金化する「三店方式」になっています。 そのため、たしかにパチンコでの儲けはバレないことが多いです。しかし、儲けたことを友人などに自慢したりするとその友人から税務署へ密告してバレるというケースもあるのです。 認められる方法として考えられるのは、パチンコの専用口座を作成して、日ごとの投資金額と回収金額を入払いして日報などに記録しておくことです。 あとは実際に税務署員との質疑応答の中で、信憑性のある説明をできるかにかかっています。 パチンコで大きな額を儲けた場合は、確定申告をするべきなのはお分かりいただけたでしょうか。 そして、もしも確定申告で迷ったり、税務調査の連絡が来た際には税理士への相談をおすすめします。 確定申告の方法を教えてくれるのはもちろん、税務署員への対応でもあなたを総合的にサポートしてくれるはずです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。